ビアンコロール 副作用

ビアンコロールに副作用の心配はあるの?

厳しい食事制限や運藤をしなくても飲むだけで痩せると言うビアンコロール(Biancorole)ですが、飲んでも安全なのでしょうか?

 

一時は痩せすぎて危険とまで言われたそうですが、副作用のような危険はないのか、ちょっと心配になりますよね。

 

もし体に悪影響が出るような副作用があったら、せっかくビアンコロール(Biancorole)を飲んで痩せても喜べません。

 

そこで、ビアンコロール(Biancorole)に副作用などの危険が無いのか調べてみました!

 

副作用は基本的にナシ!

 

一般的に、副作用の危険が見込まれるものは「医薬品」として製造や販売も厳しく管理されます。

 

逆に言うと、サプリメントや栄養補助食品のように副作用がないものは「医薬品」にあたりません。

 

その点、ビアンコロール(Biancorole)は「健康食品」に分類されるサプリメントです。

 

つまり、医薬品でないので副作用は無いと言えるので、安心して口に出来そうです。

 

ただし、公式サイトでも「痩せすぎて危険」とか「5日以内に7kgの減量があった場合は使用を中止するように」とか書かれています。

 

用量を誤って飲みすぎると、思った以上に痩せすぎる危険はあるかもしれません。

 

早く痩せたい気持ちはわかるのですが、人は急に体重が激減すると体に変調をきたします。

 

用量を守って、健康的に痩せましょうね!

 

食物アレルギーの心配はあるの?

 

ビアンコロール(Biancorole)は薬ではなく、健康食品だとお伝えしました。

 

基本的には植物由来の成分や天然成分が加工されているわけですが、人によっては少量でもアレルギーの出てしまうような食品が含まれているかもしれません。

 

また含まれている成分だけでなく、お菓子のパッケージなどでよく見られるような、「ピーナツを加工する製造ラインで製造しています」みたいな意外な落とし穴もあるかもしれませんね。

 

これは大きな個人差がありますので、一概にご紹介することができません。

 

食品に強いアレルギーのある方は、ビアンコロール(Biancorole)にはどのような成分が含まれているのか、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

ビアンコロール(Biancorole)の副作用まとめ

 

ビアンコロール(Biancorole)は魔法のような痩せ薬ですが、実際は強力なダイエット効果のある「健康食品」です。

 

痩せ薬効果のある「ホワイトキドニービーン」をはじめ、ポリフェノールの一種「レスベラトロール」や天然果実のアサイー成分が配合されていて、脂肪燃焼を実現してくれます。

 

なので副作用は心配なさそうですが、公式サイトでも注意喚起されているように、「飲みすぎによる痩せすぎ」という危険はあります。

 

早く結果を出したいと焦る気持ちはわかりますが、飲用される際には、容量を守ることが大切です!

 

アレルギーや飲用中の薬がある方はお医者さまに相談されてみてもいいかもしれませんね!

 

>>ビアンコロール(Biancorole)の詳細はコチラ