ビアンコロール 成分

ビアンコロールの成分を分析してみよう!

飲むだけでどんどん痩せると話題のビアンコロール(Biancorole)ですが、どうしてそんな効果があるのでしょうか?

 

どんな成分が含まれているのか、気になりますよね。

 

ビアンコロール(Biancorole)には、「ホワイトキドニービーン」「レスベラトロール」「アサイー」などのダイエット成分が含まれています。

 

えーっと…。アサイーはまだわかるけど、他の二つは何?

 

私もそう思いました。

 

そこで、ビアンコロール(Biancorole)に含まれているこれらの成分を詳しくご紹介したいと思います!

 

「神秘の粉」ホワイトキドニービーンで強力ダイエット!

 

ホワイトキドニービーンという成分、聞いたことがあるでしょうか?

 

これは世界中でも注目を集めている、魔法のようなダイエット成分なんだそうです!

 

このホワイトキドニービーンの粉にはナノサイズの空洞が無数にあって、脂肪をどんどん吸着する働きをするんです。

 

また炭水化物やでんぷんを糖に変える「α-アミラーゼ」という物質の働きを抑制するので、摂取カロリー量を抑えることができます。

 

ビアンコロール(Biancorole)はこのホワイトキドニービーンを含んでいるので、いつもと変わらない食事をしていても脂肪や糖の吸収をブロックしてくれます。

 

そのため飲むだけで痩せることができるんですね!

 

過酸化脂質を強力に分解!

 

レスベラトロールはポリフェノールの一種です。

 

有名な科学誌で「10年に一度の発見」とも言われたスゴイ成分で、過酸化脂質という脂肪分を強力に分解するパワーを持っています。

 

過酸化脂質とは、平たく言えば体に悪影響を及ぼすおそれもある困った脂肪分です。

 

コレステロールや中性脂肪といった、ダイエッターなら敵視してしまうような脂肪成分が活性酸素で酸化されたものです。

 

この過酸化脂質は「スーパーオキシドアニオン」という、DNAの酸化破壊に関係すると言われる物質を発生させることがあります。

 

その困った過酸化脂質を分解してくれるのが、ビアンコロール(Biancorole)にも配合されている「レスベラトロール」なのですね。

 

アサイーで脂肪を徹底燃焼!

 

もはや誰もが知っているような、世界中で人気のアサイーですが、実際にどのような働きをするのかはご存知でしょうか?

 

アサイーに含まれるアミノ酸は、脂肪を燃焼させる「リパーゼ」という酵素の働きを活性化させサポートしてくれるのです。

 

アサイーは、1時間でフルマラソン並の絶大な脂肪燃焼効果を生み出すとも言われています。

 

レスベラトロールで分解された脂肪分をどんどん燃やしてくれるんですね!

 

ビアンコロール(Biancorole)の成分 まとめ

 

ビアンコロール(Biancorole)に含まれる成分をご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

脂肪燃焼だけでなく、吸着をブロックする成分が含まれているから、どんどん痩せていくという仕組みなんですね。

 

公式サイトでも詳しく説明が載っています。ぜひご覧になってみてください!

 

>>ビアンコロール(Biancorole)の詳細はコチラ